ヤマボウシの花言葉



ヤマボウシの花photo: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花9月の花 / 10月の花 ) ・各月の誕生花9月の誕生花 / 10月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ


★ ヤマボウシの花言葉のまとめ

ヤマボウシの花言葉は「友情」。

 
※ 以下に花言葉の由来、誕生花などの情報もございます。


山法師 Kousa dogwood

初夏の花。花色は白、ピンク、緑。

ヤマボウシ全般の花言葉

「友情」

※由来、誕生花などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Cornus(コーナス)」は、ラテン語の「cornu(角)」を語源とし、材質が堅いことにちなみます。

和名の「山法師(ヤマボウシ)」は、中央の球状に集合した花を坊主頭に、4枚の白い花びらに見える総苞片(花を保護する葉)を白い頭巾に見立て、比叡山延暦寺の山法師になぞらえて名づけられました。

英語では「Kousa dogwood」や「Japanese dogwood」などと呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉「友情」は、近縁種のハナミズキ(アメリカヤマボウシ)の花言葉「返礼」から連想してつけられたともいわれます。

日米の友好のために
アメリカでは全米桜祭りで知られるポトマック河畔のサクラが有名ですが、これは1912年に当時の東京市長、尾崎行雄が日米友好を願いソメイヨシノ約3,000本を寄贈したものです。

その返礼として1915年にアメリカから日本へハナミズキが贈られました。

ヤマボウシの花(総包片)は先端がとがっていますが、ハナミズキは丸くなっています。

 

ヤマボウシ誕生花

6月15日

 

ヤマボウシの実

ヤマボウシの果実は8月~9月に赤く熟し、食用になります。果肉はやわらかくマンゴーのような甘さがあります。生で食べたりジャムや果実酒などに利用されます。

 
ヤマボウシの実photo: Koichi Oda

 
ヤマボウシの紅葉photo: yamatsu

 

ヤマボウシの季節・開花時期

旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~7月

 

名称・原産地

科・属名: ミズキ科ミズキ属
学名: Cornus kousa
和名: 山法師(ヤマボウシ)
別名: 山桑(ヤマグワ)
英名: Kousa dogwood, Japanese dogwood
原産地: 日本、中国、朝鮮半島




 

他のミズキ科の花(種類・画像)

ハナミズキ、Dogwood
ハナミズキ | 詳細 →
花言葉(全般): 「永続性」「返礼」「私の想いを受けてください」
科・属名: ミズキ科ミズキ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花9月の花 / 10月の花 ) ・各月の誕生花9月の誕生花 / 10月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ヤマボウシの詳細: Wikipedia