グロリオサの花言葉


グロリオサ、Gloriosaphoto: M a n u e l

グロリオサの花言葉は「栄光」「勇敢」。

グロリオサは5月28日、10月19日の誕生花です。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

グロリオサ(Gloriosa)について

周年出回る花(最盛期は7~8月)。花色は赤、ピンク、オレンジ、黄、白など。

 

グロリオサ全般の花言葉

「栄光」「勇敢」


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Gloriosa(グロリオサ)」は、ラテン語の「gloriosus(見事な)」を語源とし、燃えるような鮮やかな花色と波打つようにそり返った華やかな花姿に由来するといわれます。

英語でもその花姿から「Glory lily(栄光のユリ)」「Flame lily(炎のユリ)」などと呼ばれています。

また、葉先が巻きひげになり、他の植物に巻きひげをからみつけながら伸びていくことから「Climbing lily(登るユリ)」とも呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「栄光」も花名と同様に、グロリオサの華やかな花姿にちなみます。

 

グロリオサの誕生花

5月28日10月19日

 

グロリオサの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 7月~9月
出回り時期: 周年(最盛期は7~8月)
花持ち期間: 7日程度

 

グロリオサの名称・原産地

科・属名: ユリ科※グロリオサ属
※APG体系ではイヌサフラン科に分類
学名: Gloriosa spp.
和名: グロリオサ
別名: 百合車(ユリグルマ)、狐百合(キツネユリ)
英名: Gloriosa, Glory lily, Flame lily, Fire lily, Climbing lily
原産地: 熱帯アフリカ、熱帯アジア

 

グロリオサを国花とする国

ジンバブエ

 

グロリオサの花言葉・誕生花の一覧

名称 グロリオサ
英名 Gloriosa, Glory lily, Flame lily, Fire lily, Climbing lily
グロリオサの花言葉 「栄光」「勇敢」
グロリオサの誕生花 5月28日、10月19日
グロリオサの開花時期 7月~9月



 

他のイヌサフラン科の花

コルチカム、Meadow saffron
コルチカム | 詳細 →
花言葉(全般): 「私の最良の日々は過ぎ去った」「危険な美しさ」
科・属名: イヌサフラン科イヌサフラン属


サンダーソニア、Sandersonia
サンダーソニア | 詳細 →
花言葉(全般): 「望郷」「祈り」「愛嬌」
科・属名: イヌサフラン科サンダーソニア属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花10月の花 / 11月の花 ) ・各月の誕生花10月の誕生花 / 11月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物グロリオサの詳細: Wikipedia