ミソハギの花言葉


ミソハギの花言葉photo: Happy Come

ミソハギの花言葉は「切ないほどの愛」「愛の悲しみ」「慈悲」。
ミソハギは9月6日、10月11日の誕生花です。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

禊萩について

夏の花。花色はピンク、紅紫色。

 

ミソハギ全般の花言葉

「切ないほどの愛」「愛の悲しみ」「慈悲」


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Lythrum(リスラム)」は、ギリシア語の「lythron(血)」を語源とし、血のような花色にちなむといわれます。
和名の「禊萩(ミソハギ)」は、萩(ハギ)に似て、禊(みそぎ)(花穂を水に浸してお盆のお供え物に水をかけて清める)に使うことに由来するといわれます。また溝に生えることから「溝萩(ミゾハギ)」が転訛したという説もあります。
お盆の頃に咲き、盆花や禊などに利用されてきたことから盆花(ボンバナ)、精霊花(ショウリョウバナ)、水掛草(ミズカケグサ)といった別名もあります。

花言葉の由来

花言葉の「愛の悲しみ」は、お盆に供える花であることにちなむといわれます。

 

ミソハギの誕生花

9月6日10月11日

 
ミソハギphoto: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

 
ミソハギphoto: t-mizo

 

ミソハギの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 7月~9月

 

ミソハギの名称・原産地

科・属名: ミソハギ科ミソハギ属
学名: Lythrum anceps
和名: 禊萩(ミソハギ)
別名: 盆花(ボンバナ)、精霊花(ショウリョウバナ)、水掛草(ミズカケグサ)
英名: 無
原産地: 日本、朝鮮半島

 

ミソハギの花言葉・誕生花の一覧

和名 禊萩(ミソハギ)
英名
ミソハギの花言葉 「切ないほどの愛」「愛の悲しみ」「慈悲」
ミソハギの誕生花 9月6日、10月11日
ミソハギの開花時期 7月~9月



 

他のミソハギ科の花

ザクロ、Pomegranate
ザクロ | 詳細 →
花言葉(全般): 「円熟した優雅さ」
科・属名: ミソハギ科ザクロ属


百日紅、Crape myrtle
サルスベリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「雄弁」「愛嬌」「不用意」
科・属名: ミソハギ科サルスベリ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花5月の花 / 6月の花 ) ・各月の誕生花5月の誕生花 / 6月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ミソハギの詳細: Wikipedia