カネノナルキの花言葉


金のなる木の花言葉photo: el cajon yacht club

カネノナルキの花言葉は「幸運を招く」「一攫千金」「富」。
カネノナルキは2月29日、12月22日の誕生花です。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

金のなる木(Jade plant)について

冬の花。花色はピンク、白。

 

カネノナルキ全般の花言葉

「幸運を招く」「一攫千金」「富」


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Crassula(クラッスラ)」は、ラテン語の「Crassus(厚い)」を語源とし、この属の多くが多肉植物で、葉が厚いことにちなみます。
和名は「縁紅弁慶(フチベニベンケイ)」ですが、一般に「金のなる木」や「花月(カゲツ)」の名前で流通しています。
「金のなる木」の名前は、新芽を5円玉の穴に通したまま成長させて5円玉を固定し、枝にお金がなったように仕立てたものが流行したことに由来します。
英語では「Jade plant」と呼ばれます。また葉が硬貨に似ていることから「Money plant(マネープラント)」や「Money tree(マネーツリー)」とも呼ばれています。

花言葉の由来

花言葉の「一攫千金」「富」は、金のなる木やマネープラントといった名前にちなむといわれます。

 

カネノナルキの誕生花

2月29日12月22日

 
カネノナルキphoto: jlggb

 
カネノナルキの葉photo: Forest and Kim Starr

 
カネノナルキの花photo: D Coetzee

 

カネノナルキの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 11月~2月

 

カネノナルキの名称・原産地

科・属名: ベンケイソウ科クラッスラ属
学名: Crassula ovata(Crassula portulacea)
和名: 縁紅弁慶(フチベニベンケイ)
別名: 金のなる木(カネノナルキ)、花月(カゲツ)、成金草(ナリキンソウ)
英名: Jade plant, Money plant, Money tree
原産地: 南アフリカ

 

カネノナルキの花言葉・誕生花の一覧

和名 縁紅弁慶(フチベニベンケイ)
英名 Jade plant, Money plant, Money tree
カネノナルキの花言葉 「幸運を招く」「一攫千金」「富」
カネノナルキの誕生花 2月29日、12月22日
カネノナルキの開花時期 11月~2月



 

他のベンケイソウ科の花

カランコエ、Kalanchoe
カランコエ | 詳細 →
花言葉(全般): 「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」
科・属名: ベンケイソウ科カランコエ属(別名:リュウキュウベンケイ属)


October daphne-01
ミセバヤ | 詳細 →
花言葉(全般): 「大切なあなた」「つつましさ」
科・属名: ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花8月の花 / 9月の花 ) ・各月の誕生花8月の誕生花 / 9月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物カネノナルキの詳細: Wikipedia