クリの花言葉


クリの花言葉photo: Shunichi kouroki

栗の花言葉は「私に対して公平であれ」「贅沢」。
栗は6月20日、10月24日の誕生花です。
栗の英語の花言葉は「Do me justice(私に対して公平であれ)」。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

栗(Chestnut)について

初夏の花(収穫期は秋)。花色は白、クリーム色。

 

クリ全般の花言葉

「私に対して公平であれ」「贅沢」


 

西洋の花言葉(英語)

西洋における花言葉(Language of flowers)をご紹介します。「西洋の花言葉一覧」はこちら

Chestnut(クリ全般)

「Do me justice(私に対して公平であれ)」

 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Castanea(カスタネア)」は、ギリシア語の「castana(栗)」が語源であるといわれます。
和名の「栗(クリ)」の由来は諸説あります。実の色から「黒い実(クロミ)」が転訛したという説、クリは古語で石を意味し、実の硬い殻をクリと呼んだという説などがあります。
英語では「Chestnut(チェストナット)」と呼ばれます。

花言葉の由来

クリは高さ15メートル以上の大木になります。国家でも人間でも大きくなると傲慢になったり、不公平なふるまいをする者がでてくるので、「私に対して公平であれ」の花言葉がつけられたともいわれます。

 

クリの誕生花

6月20日10月24日

 

縄文時代から栽培されていた栗

日本では古く縄文時代初期からクリが食用にされていました。長野県上松町の竪穴式住居跡からは1万3000年前のクリの実が出土しています。
また、青森県の三内丸山遺跡(5900年~4200年前)から出土したクリの実のDNA分析により、縄文時代にはクリが栽培されるようになったといわれています。

 
栗の木photo: Shunichi kouroki

 
栗の花photo: Leonora (Ellie) Enking

 

クリの季節・開花時期

旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~6月(実の主な収穫期は9~10月)

 

クリの名称・原産地

科・属名: ブナ科クリ属
学名: Castanea crenata
和名: 栗(クリ)
英名: Japanese chestnut
原産地: 日本、朝鮮半島

 

クリの花言葉・誕生花の一覧

和名 栗(クリ)
英名 Japanese chestnut
クリの花言葉 「私に対して公平であれ」「贅沢」
クリの英語の花言葉 「Do me justice(私に対して公平であれ)」
クリの誕生花 6月20日、10月24日
クリの開花時期 5月~6月



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花8月の花 / 9月の花 ) ・各月の誕生花8月の誕生花 / 9月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物クリの詳細: Wikipedia