アングレカムの花言葉


アングレカム、Angraecumphoto: Paul Friel

アングレカムの花言葉は「祈り」「いつまでもあなたと一緒」。

アングレカムの開花時期は11月~2月。アングレカムは11月22日の誕生花です。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

アングレカム(Angraecum)について

冬の花。花色は白、淡緑。

 

アングレカム全般の花言葉

「祈り」「いつまでもあなたと一緒」


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Angraecum(アングレカム)」は、着生ラン(樹木や岩などにくっついて生育しているラン)を意味するマレー語の「angurek」に由来します。

英語では大輪の花を咲かせる種のアングレカム・セスキペダレを「Darwin’s orchid(ダーウィンのラン)」(下記参照)、また開花時期から「Christmas orchid(クリスマスのラン)」とも呼んでいます。

花の形からアングレカム属の植物は「Comet orchid(星型のラン)」とも呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「祈り」は、アングレカムの静謐な雰囲気にちなむともいわれます。

 

アングレカムの誕生花

11月22日

 

ダーウィンのラン

自然淘汰による進化論を提唱したイギリスの生物学者チャールズ・ダーウィン(1809~1882)は、アングレカム・セスキペダレの非常に長い距(花の一部分が長く後ろに伸びたもの / 20~35cm)に着目し、距の奥の蜜腺までとどく長い口吻を持った蛾が存在すると推察しました。

それについて論争がおきましたが、ダーウィンの死後、1903年にダーウィンの予測に当てはまる蛾(キサントパンスズメガ)が発見され、ダーウィン説が実証されました。

 

アングレカムの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 11月~2月(種により異なる)

 

アングレカムの名称・原産地

科・属名: ラン科アングレカム属
学名: Angraecum sesquipedale
和名: アングレカム・セスキペダレ
別名: アングレクム、アングレークム
英名: Darwin’s orchid, Christmas orchid, Angraecum
原産地: マダガスカル

 

アングレカムの花言葉・誕生花の一覧

名称 アングレカム
英名 Darwin’s orchid, Christmas orchid, Angraecum
アングレカムの花言葉 「祈り」「いつまでもあなたと一緒」
アングレカムの誕生花 11月22日
アングレカムの開花時期 11月~2月(種により異なる)



 

他のラン科の花

オンシジューム、Dancing lady orchid
オンシジューム | 詳細 →
花言葉(全般): 「可憐」「一緒に踊って」
科・属名: ラン科オンシジューム属


カトレア、Cattleya
カトレア | 詳細 →
花言葉(全般): 「優美な貴婦人」「成熟した大人の魅力」「魔力」「魅惑的」
科・属名: ラン科カトレア属


胡蝶蘭、Phalaenopsis
コチョウラン | 詳細 →
花言葉(全般): 「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」
科・属名: ラン科ファレノプシス属


サギソウ、White egret flower
サギソウ | 詳細 →
花言葉(全般): 「清純」「繊細」「夢でもあなたを想う」
科・属名: ラン科サギソウ属


シンビジウム、Cymbidium
シンビジウム | 詳細 →
花言葉(全般): 「飾らない心」「素朴」「高貴な美人」「華やかな恋」
科・属名: ラン科シュンラン属


デンドロビウム、Dendrobium
デンドロビウム | 詳細 →
花言葉(全般): 「わがままな美人」
科・属名: ラン科セッコク属


ネジバナ、Lady's tresses
ネジバナ | 詳細 →
花言葉(全般): 「思慕」
科・属名: ラン科ネジバナ属


Odontoglossum-01
オドントグロッサム | 詳細 →
花言葉(全般): 「特別な存在」
科・属名: ラン科オドントグロッサム属


Riverstream orchid-01
シュンラン | 詳細 →
花言葉(全般): 「控えめな美」
科・属名: ラン科シュンラン属


Calanthe-01
エビネ | 詳細 →
花言葉(全般): 「謙虚」「謙虚な恋」
科・属名: ラン科エビネ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花9月の花 / 10月の花 ) ・各月の誕生花9月の誕生花 / 10月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物アングレカムの詳細: Wikipedia