ダチュラの花言葉


ダチュラの花言葉photo: cultivar413

ダチュラの花言葉は「愛嬌」「偽りの魅力」。

ダチュラの開花時期は6月~9月。ダチュラは8月16日、9月4日、10月23日の誕生花です。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

朝鮮朝顔(Datura)について

夏の花。花色は白、黄、紫など。

 

ダチュラ全般の花言葉

「愛嬌」「偽りの魅力」


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

チョウセンアサガオ属の学名「Datura(ダチュラ)」は、この植物のヒンズー名「dhatura」から変化したものといわれます。

なお、園芸上「ダチュラ」と呼ぶ場合、花を下向きに咲かせる近縁種のキダチチョウセンアサガオ属(Brugmansia)を指すこともあるようです。

英語ではチョウセンアサガオを「Devil’s trumpet(悪魔のトランペット)」、キダチチョウセンアサガオを「Angel’s trumpet(天使のトランペット)」などと呼んでいます。

花言葉の由来

花言葉の「愛嬌」は、トランペットに似た花の姿がかわいらしいことにちなむともいわれます。

 

ダチュラの誕生花

8月16日9月4日10月23日

 

チョウセンアサガオ属とキダチチョウセンアサガオ属の違い

かつてチョウセンアサガオ属(ダチュラ属)には「エンジェルストランペット」とも呼ばれるキダチチョウセンアサガオ属(ブルグマンシア)が含まれていました。そのため現在でも両属がよく混同されています。

チョウセンアサガオ属

一年草または多年草で、上向きの花を咲かせます。

キダチチョウセンアサガオ属

高木または低木で、下向きの花を咲かせます。

 

ダチュラの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 6月~9月

 

ダチュラの名称・原産地

科・属名: ナス科チョウセンアサガオ属
学名: Datura metel
和名: 朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)
別名: ダチュラ、曼陀羅華(マンダラゲ)
英名: Devil’s trumpet, Thorn apple
原産地: 南アジア

 

ダチュラの花言葉・誕生花の一覧

名称 ダチュラ
英名 Devil’s trumpet, Thorn apple
ダチュラの花言葉 「愛嬌」「偽りの魅力」
ダチュラの誕生花 8月16日、9月4日、10月23日
ダチュラの開花時期 6月~9月



 

他のナス科の花

ペチュニア、Petunia
ペチュニア | 詳細 →
花言葉(全般): 「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」
科・属名: ナス科ペチュニア属


ホオズキ、Physalis alkekengi
ホオズキ | 詳細 →
花言葉(全般): 「偽り」「ごまかし」
科・属名: ナス科ホオズキ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花10月の花 / 11月の花 ) ・各月の誕生花10月の誕生花 / 11月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ダチュラの詳細: Wikipedia