アケビの花言葉


アケビの花言葉photo: Yasuaki Kobayashi

アケビの花言葉は「才能」「唯一の恋」。
アケビは10月23日、11月1日の誕生花です。

以下に花言葉の由来などの情報もございます。

アケビについて

春の花(収穫期は秋)。花色は紫、淡紫色、白など。

 

アケビ全般の花言葉

「才能」「唯一の恋」


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

属名の学名「Akebia(アケビア)」は、和名のアケビにちなみます。
和名のアケビの由来は諸説あります。実が熟すと縦に割れて口を開くことから「開け実(あけみ)」が転訛したという説、熟して口を開けた様子が「あくび」に似ており、それが転訛したという説もあります。
英語では「Chocolate vine(チョコレート・バイン)」などと呼ばれています。

花言葉の由来

アケビは果実、果皮、新芽が食用にされたり、蔓などは薬草として用いられています。また蔓は籠などの工芸品の素材としても利用されています。
「才能」の花言葉もアケビが生活のなかで幅広く利用されていることにちなむといわれます。

 

アケビの誕生花

10月23日11月1日

 

アケビの種類

日本では小葉が5枚あるアケビ(Akebia quinata)以外に、小葉が3枚つくミツバアケビ(Akebia trifoliata)、アケビとミツバアケビの雑種(自然交配種)とされ、5枚の小葉があるゴヨウアケビ(Akebia × pentaphylla)が自生しています。

アケビの画像

アケビの花photo: Ashley Basil

アケビの実photo: gailhampshire

ミツバアケビの画像

ミツバアケビの花photo: Megan Hansen

 

アケビの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 4月~5月(実の収穫期は9~10月)

 

アケビの名称・原産地

科・属名: アケビ科アケビ属
学名: Akebia quinata
和名: 木通、通草(ともにアケビ)
英名: Chocolate vine
原産地: 日本、中国、朝鮮半島

 

アケビの花言葉・誕生花の一覧

和名 木通、通草(ともにアケビ)
英名 Chocolate vine
アケビの花言葉 「才能」「唯一の恋」
アケビの誕生花 10月23日、11月1日
アケビの開花時期 4月~5月(実の収穫期は9~10月)



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花4月の花 / 5月の花 ) ・各月の誕生花4月の誕生花 / 5月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物アケビの詳細: Wikipedia