ナノハナの花言葉


菜の花、Field mustardphoto: Travelling Slacker

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花1月の花 / 2月の花 ) ・各月の誕生花1月の誕生花 / 2月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

菜の花 Field mustard

春の花(最盛期は2~3月)。花色は黄、オレンジ、白、紫。

ナノハナ全般の花言葉

「快活」「明るさ」

※由来、誕生花などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

和名の「菜の花(ナノハナ)」の「菜」は食用を意味し、”菜の花”とは食用の花という意味になります。

花言葉の由来

つぼみの緑と鮮やかな黄色の花のコントラストが春らしいナノハナ。花言葉の「快活」「明るさ」は、春の香りを運び、人々の心を明るくするその花姿に由来するといわれます。

 

ナノハナ誕生花

2月6日

 

ナノハナの種類

ナノハナ(菜の花)は、アブラナやセイヨウアブラナの別名であり、アブラナ科アブラナ属の植物も指します。

アブラナ

原産地は西アジアから北ヨーロッパ。漢代の中国に渡ると栽培作物となり、日本でも弥生時代以降から野菜や油を採るために利用されたといわれます。

セイヨウアブラナ

原産地は北ヨーロッパからシベリアにかけての海岸地帯。明治時代初期に日本に導入されました。食用油の原料として世界中で広く栽培されています。

 

食用のナノハナ

ナノハナのおひたしやからし和えは春を告げる旬の味覚。アブラナやセイヨウアブラナの花序や若芽を食します。セイヨウアブラナは固く筋っぽくなりやすい反面、アブラナよりも苦みが少なく強い甘みが特徴です。従来2~3月に出回る旬の野菜でしたが、近年は初冬から出荷されるものもあります。

 

ナノハナの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 2月~5月
出回り時期: 12月~5月(最盛期は2~3月)
花持ち期間: 3~4日程度

 

名称・原産地

科・属名: アブラナ科アブラナ属
和名: 菜の花(ナノハナ)
別名: 花菜(ハナナ)、菜花(ナバナ)、油菜(アブラナ)、西洋油菜(セイヨウアブラナ)
英名: Field mustard, Rapeseed(セイヨウアブラナ)
原産地: ヨーロッパ、東アジア




 

他のアブラナ科の花(種類・画像)

イベリス、Candytuft
イベリス | 詳細 →
花言葉(全般): 「心をひきつける」「初恋の思い出」「甘い誘惑」
科・属名: アブラナ科イベリス属


スイートアリッサム、Sweet alyssum
スイートアリッサム | 詳細 →
花言葉(全般): 「優美」「美しさに優る価値」
科・属名: アブラナ科ニワナズナ属


ストック、Stock
ストック | 詳細 →
花言葉(全般): 「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」
科・属名: アブラナ科アラセイトウ属(別名:マッティオラ属)


ナズナ、Shepherd's purse
ナズナ | 詳細 →
花言葉(全般): 「あなたに私のすべてを捧げます」
科・属名: アブラナ科ナズナ属


ハボタン、Flowering kale
ハボタン | 詳細 →
花言葉(全般): 「祝福」「物事に動じない」「利益」
科・属名: アブラナ科アブラナ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花1月の花 / 2月の花 ) ・各月の誕生花1月の誕生花 / 2月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ナノハナの詳細: Wikipedia