ホトトギスの花言葉


ホトトギス、Toad lilyphoto: TANAKA Juuyoh (田中十洋)

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花11月の花 / 12月の花 ) ・各月の誕生花11月の誕生花 / 12月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

杜鵑草 Toad lily

晩夏~晩秋の花。花色は紫、黄、白など。

ホトトギス全般の花言葉

「永遠にあなたのもの」「秘めた意志」

※由来、誕生花などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

和名の「杜鵑草(ホトトギス)」は、花に入った紫の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることに由来します。

花言葉の由来

花言葉の「永遠にあなたのもの」「秘めた意志」は、晩夏から晩秋までの長い期間、ホトトギスがひたむきに咲き続けることにちなむといわれます。

 

ホトトギス誕生花

10月9日

 

ホトトギスの種類

ホトトギス属の植物は東アジアに分布し、19種が知られています。日本では13種が確認され、うち10種は日本の固有種です。

ホトトギス(杜鵑草)

関東、新潟県以西に分布。秋に開花。花の地色は白色で花のすべてに紫の斑点が入ります。花は上を向いて咲きます。

シロホトトギス(白杜鵑草)
ホトトギスの花に斑点が入らない白い品種です。

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)

北海道から九州まで分布。初夏から秋にかけて開花。花名の「ヤマジノ(山路の)」は、山路でよく出会うことにちなみます。花の地色は白色で紫の斑点はホトトギスよりも少なくなります。

シロバナヤマジノホトトギス(白花山路の杜鵑草)
ヤマジノホトトギスの花に斑点が入らない白い品種です。

ヤマホトトギス(山杜鵑草)

関東以西の太平洋側および長野県に分布。晩夏に開花。ヤマジノホトトギスとよく似ていますが、花びらが下方向に強く反り返っているので区別できます(ヤマジノホトトギスは花びらが水平に開きます)。

タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)

北海道から九州にかけての冷温帯域に分布。初夏から夏に開花。花の地色は黄色で赤紫の斑点が入ります。

 

ホトトギスの季節・開花時期

旬の季節: 晩夏晩秋
開花時期: 8月~11月
出回り時期: 9月~10月
花持ち期間: 3~6日程度

 

名称・原産地

科・属名: ユリ科ホトトギス属
学名: Tricyrtis spp.
和名: 杜鵑草(ホトトギス)
別名: 油点草(ユテンソウ)
英名: Toad lily
原産地: 日本、台湾、朝鮮半島





 

他のユリ科の花(種類・画像)

アルストロメリア、Alstroemeria
アルストロメリア | 詳細 →
花言葉(全般): 「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」
科・属名: ユリ科※アルストロメリア属
※APG体系ではユリズイセン科に分類


カタクリ、Katakuri
カタクリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「初恋」「寂しさに耐える」
科・属名: ユリ科カタクリ属


クロユリ、Kamchatka lily
クロユリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「恋」「呪い」
科・属名: ユリ科バイモ属


チューリップ、Tulip
チューリップ | 詳細 →
花言葉(全般): 「思いやり」
科・属名: ユリ科チューリップ属


ヒメユリ、Morning star lily
ヒメユリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「誇り」
科・属名: ユリ科ユリ属


ユリ、Lily
ユリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「純粋」「無垢」「威厳」
科・属名: ユリ科ユリ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花11月の花 / 12月の花 ) ・各月の誕生花11月の誕生花 / 12月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ホトトギスの詳細: Wikipedia