ユウガオの花言葉


夕顔、Bottle gourdphoto: graibeard

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花11月の花 / 12月の花 ) ・各月の誕生花11月の誕生花 / 12月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

夕顔 Bottle gourd

夏の花。花色は白。

ユウガオ全般の花言葉

「夜」「はかない恋」「罪」

※由来、誕生花などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

和名の「夕顔(ユウガオ)」は、夏の夕方に開花し、翌日の午前中にはしぼんでしまうことに由来します。

同様に朝に開花して昼にしぼむアサガオ、朝に開花して昼間も咲き続け夕方にしぼむヒルガオ、夕方に開花して翌朝にしぼむヨルガオがありますが、これらはヒルガオ科の植物で、ウリ科のユウガオとは別の種類です。

なお、ヒルガオ科のヨルガオもユウガオと呼ばれることがあり、混同されることも多いようです。

花言葉の由来

夏の夕方から翌日の午前中まで白い花を咲かせるユウガオ。花言葉の「夜」は開花時間にちなみ、「はかない恋」は一つの花の短い開花時間に由来するともいわれます。

 

ユウガオ誕生花

8月27日

 

ユウガオとかんぴょう

ウリ科のユウガオは大きな実を実らせます。ユウガオの実を細長い帯状に剥いて乾燥させたものが、巻き寿司などに使われる干瓢(かんぴょう)です。

 

ユウガオの種類

北アフリカまたはインドが原産地と考えられているユウガオは、日本でも古くから栽培されていました。『源氏物語』(紫式部 / 平安時代中期の長編物語)や『枕草子』(清少納言 / 平安時代中期の随筆)にもユウガオが登場します。

ユウガオは、細長い実がなる「ナガユウガオ」と球状の実がなる「マルユウガオ」とに大別します。かんぴょうは主にマルユウガオから作ります。

大きな実がなるウリ科の植物にはヒョウタンもあります。ヒョウタンとユウガオは同一種ですが、ヒョウタンは苦みが強く食用にはなりません。

 

ユウガオの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 7月~9月

 

名称・原産地

科・属名: ウリ科ユウガオ属
学名: Lagenaria siceraria
和名: 夕顔(ユウガオ)
別名: 黄昏草(タソガレグサ)
英名: Bottle gourd
原産地: 北アフリカまたはインド





 

他の朝顔・昼顔・夕顔の花言葉

朝顔、Morning glory
アサガオ | 詳細 →
花言葉(全般): 「はかない恋」「固い絆」「愛情」
科・属名: ヒルガオ科サツマイモ属


ヒルガオ、Bindweed
ヒルガオ | 詳細 →
花言葉(全般): 「絆」「友達のよしみ」「情事」
科・属名: ヒルガオ科ヒルガオ属


 

他のウリ科の花(種類・画像)

カラスウリ、Japanese snake gourd
カラスウリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「よき便り」「誠実」「男ぎらい」
科・属名: ウリ科カラスウリ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花11月の花 / 12月の花 ) ・各月の誕生花11月の誕生花 / 12月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ユウガオの詳細: Wikipedia