ツキミソウの花言葉


月見草、Evening primrosephoto: Elaine with Grey Cats

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花3月の花 / 4月の花 ) ・各月の誕生花3月の誕生花 / 4月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

月見草 Evening primrose

夏の花(最盛期は7月)。花色は白、ピンク。

ツキミソウ全般の花言葉

「無言の愛情」「移り気」

※由来、誕生花、西洋の花言葉(英語)などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

夏の夕方に開花し翌朝にはしぼんでしまう月見草(ツキミソウ)。花名は、月が現れる時間帯に咲くことに由来するといわれます。

花言葉の由来

花言葉の「無言の愛情」は、人目を避けるように夕方ひっそりと花をひらくことに由来するといわれます。「移り気」の花言葉は、咲き始めの白い花が、翌朝のしぼむころには薄いピンク色に変化することにちなむといわれます。

 

ツキミソウ誕生花

6月21日8月30日

 

ツキミソウの仲間

ツキミソウはマツヨイグサ属の植物です。同属種であるオオマツヨイグサ、マツヨイグサ、メマツヨイグサのことを月見草(ツキミソウ)と呼ぶこともあります。

なお、待宵草(マツヨイグサ)の名称は、宵になるのを待つようにして夕方に花を咲かせることに由来します。

大待宵草(オオマツヨイグサ)

6月~9月の夕方から朝に黄色い大きな花(6~8cm)を咲かせます。

待宵草(マツヨイグサ)

6月~9月の夕方から朝に黄色い中型の花を咲かせます。

雌待宵草(メマツヨイグサ)

6月~9月の夕方から朝に黄色い小さな花(2~4cm)を咲かせます。

昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)

5月~7月頃に白や薄いピンク色の花(4~5cm)を咲かせます。ツキミソウとは違い、昼間にも開花していることからこの名がつけられました。

 

西洋の花言葉(英語)

≪Language of flowers≫ 西洋の花言葉一覧

Evening primrose(ツキミソウ全般)

「mute devotion(無言の愛情)」「inconstancy(移り気)」

 

ツキミソウの季節・開花時期

旬の季節: 
開花時期: 6月~9月
出回り時期: 6月~9月(最盛期は7月)
花持ち期間: 一つの花は1日

 

名称・原産地

科・属名: アカバナ科マツヨイグサ属
学名: Oenothera tetraptera
和名: 月見草(ツキミソウ)
英名: Evening primrose
原産地: メキシコ




 

他のアカバナ科の花(種類・画像)

フクシア、Fuchsia
フクシア | 詳細 →
花言葉(全般): 「つつましい愛」「信じる愛」
科・属名: アカバナ科フクシア属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花3月の花 / 4月の花 ) ・各月の誕生花3月の誕生花 / 4月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物ツキミソウの詳細: Wikipedia