クロユリの花言葉


クロユリ、Kamchatka lilyphoto: yamatsu

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花6月の花 / 7月の花 ) ・各月の誕生花6月の誕生花 / 7月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

黒百合 Kamchatka lily

初夏の花(最盛期は5月)。花色は黒紫、暗紫褐色。

クロユリ全般の花言葉

「恋」「呪い」

※由来、誕生花などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

その花姿と花色からクロユリと名づけられていますが、ユリ科のユリ属ではなく、バイモ属の高山植物です。

花言葉の由来

花言葉の「恋」は、アイヌ民族の伝説(下記参照)に、「呪い」は愛妾を殺してしまった黒百合伝説(下記参照)に由来するといわれます。

 

クロユリ誕生花

8月12日9月7日

 

クロユリの伝説

アイヌ民族の伝説

アイヌ民族には、好きな人への想いを込めたクロユリをその人の近くにそっと置き、相手がそのクロユリを手にすれば、いつの日か二人は結ばれるという言い伝えがあるそうです。

黒百合伝説

戦国武将の佐々成政(1536?~1588)には、早百合(さゆり)という美しい側室がいたといいます。しかし、早百合が密通をし、お腹の中にいる子どもは成政の子ではないという噂が流れます。これを聞いた成政は烈火の如く怒り、早百合を殺してしまいます。その際、早百合は「立山にクロユリの花が咲いたら、佐々家は滅亡する」との呪いの言葉を残して死んだともいわれます。

 

クロユリの種類

エゾクロユリ(蝦夷黒百合)

北海道以北の低地に分布。草丈は50cm程度になり、3~7輪の花を咲かせます。

ミヤマクロユリ(深山黒百合)

日本の本州、北海道の高山に分布。草丈が10~20cm程度になります。

 

クロユリの季節・開花時期

旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~8月
出回り時期: 5月~6月(最盛期は5月)
花持ち期間: 3~5日程度

 

名称・原産地

科・属名: ユリ科バイモ属
学名: Fritillaria camschatcensis
和名: 黒百合(クロユリ)
別名: 蝦夷黒百合(エゾクロユリ)
英名: Kamchatka lily, Kamchatka fritillary
原産地: 日本の中部~カムチャッカ半島、北アメリカ北西部(高山帯の草地)




 

他のユリ科の花(種類・画像)

アルストロメリア、Alstroemeria
アルストロメリア | 詳細 →
花言葉(全般): 「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」
科・属名: ユリ科※アルストロメリア属
※APG体系ではユリズイセン科に分類


カタクリ、Katakuri
カタクリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「初恋」「寂しさに耐える」
科・属名: ユリ科カタクリ属


チューリップ、Tulip
チューリップ | 詳細 →
花言葉(全般): 「思いやり」
科・属名: ユリ科チューリップ属


ヒメユリ、Morning star lily
ヒメユリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「誇り」
科・属名: ユリ科ユリ属


ホトトギス、Toad lily
ホトトギス | 詳細 →
花言葉(全般): 「永遠にあなたのもの」「秘めた意志」
科・属名: ユリ科ホトトギス属


ユリ、Lily
ユリ | 詳細 →
花言葉(全般): 「純粋」「無垢」「威厳」
科・属名: ユリ科ユリ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花6月の花 / 7月の花 ) ・各月の誕生花6月の誕生花 / 7月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物クロユリの詳細: Wikipedia