カエデの花言葉


カエデ、Maplephoto: nubobo

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花11月の花 / 12月の花 ) ・各月の誕生花11月の誕生花 / 12月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

楓 Maple

秋の紅葉、春の花。花色は赤、紫、黄、緑など。

カエデ / モミジ全般の花言葉

「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」

※由来、誕生花、西洋の花言葉(英語)などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

カエデの語源は「蛙手(かえるで)」で、葉に水かきのような切れ込みがあり、カエルの手に似ていることに由来します。

花言葉の由来

花言葉「美しい変化」は、季節の移り変わりとともに葉の色が緑、黄、オレンジ、赤と変化していくことにちなみます。

 

カエデ / モミジ誕生花

10月3日10月25日

 

カエデの種類

日本のカエデの代表とされるのはイロハモミジ。他には各地の山地で見られるイタヤカエデ、メープルシロップで知られるサトウカエデなどがあります。

イロハモミジ

東アジア原産。樹高は15m程度になります。日本で最もよく見られるカエデです。葉は10月~12月に黄褐色から紅色に紅葉して散ります。4月~5月に黄緑色や紫色の花を咲かせますが、風媒花(花粉の媒介を風に頼る花)なので、直径5mm~6mmの目立たない花をつけます。

名称のイロハモミジ(いろは紅葉)は、葉の切れ目が5~9つに分かれ、この裂片を「いろはにほへと」と数えたことに由来します。

イタヤカエデ

東アジア、サハリン、アムール地方原産。樹高は15m~20mになります。北海道~九州の山地に見られます。葉は掌状に浅く裂け、無毛で鋸歯がなく秋に黄褐色となって散ります。4月~5月に淡黄色の小さい花を咲かせます。

名称のイタヤカエデ(板屋楓)は、葉が密生していて雨よけになり、板でふいた屋根のようであることにちなむといわれます。

サトウカエデ

北アメリカ原産。樹高は30m~40mになります。日本在来種のカエデよりも大きな葉が特徴です。樹液を煮詰めたメープルシロップが有名ですが、日本での樹液採取は少なく、街路樹として多く用いられています。

カナダを代表する木とされ、国旗やメイプルリーフ金貨などの硬貨のデザインにも取り入れられています。

 

カエデとモミジの違い

カエデはカエデ属の木の総称です。モミジは紅葉する植物の総称として用いられたり、カエデ属の数種についてモミジと呼ぶこともあります。

カエデとモミジの分け方

一般に葉の切れ込みが深いカエデを「○○モミジ」、葉の切れ込みが浅いカエデを「○○カエデ」と呼んでいます。「イロハモミジ」は切れ込みが深く、「イタヤカエデ」は切れ込みが浅くなります。

英語ではカエデもモミジも「Maple(メープル)」と呼びます。

 

西洋の花言葉(英語)

≪Language of flowers≫ 西洋の花言葉一覧

Maple(カエデ / モミジ全般)

「reserve(蓄え、遠慮)」

 

カエデの季節・開花時期

旬の季節: (紅葉)、(花)
紅葉時期: 10月~12月
開花時期: 4月~5月

 

名称・原産地

科・属名: カエデ科カエデ属
学科: Acer spp.
和名: 楓(カエデ)
英名: Maple
原産地: アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカ

 

カエデを国花とする国

カナダ(サトウカエデ)





 

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花11月の花 / 12月の花 ) ・各月の誕生花11月の誕生花 / 12月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物カエデの詳細: Wikipedia