花の名前【ふ】


花の名前photo: Nicholas A. Tonelli

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花9月の花 / 10月の花 ) ・各月の誕生花9月の誕生花 / 10月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

花の名前から探す(画像付)


 

そ.
ぬ.
め.
    よ.

【ふ】

フウセンカズラ、Balloon vine
フウセンカズラ | 詳細 →
科・属名: ムクロジ科フウセンカズラ属
学名: Cardiospermum halicacabum
和名: 風船葛(フウセンカズラ)
別名: バルーンバイン
英名: Balloon vine, Heart seed

花の名前の由来
属名の学名「Cardiospermum(カルディオスペルマム)」は、ギリシア語の「cardia(心臓)」と「sperma(種子)」が語源となり、ハート形の模様がある種にちなみます。

和名の「風船葛(フウセンカズラ)」は、風船のような実の姿やこの植物がつる性でまわりのものに巻きつくことにちなみます(葛はつる植物を意味します)。

英語でも「Balloon vine(風船のつる草)」と呼ばれます。また、種にあるハート形の模様から「Heart seed(ハートの種)」とも呼ばれます。

旬の季節: 
開花時期: 7月~9月
花言葉(全般): 「一緒に飛びたい」


フクシア、Fuchsia
フクシア | 詳細 →
科・属名: アカバナ科フクシア属
学名: Fuchsia hybrida
和名: フクシア
別名: 釣浮草(ツリウキソウ)、ホクシア、ホクシャ、フクシヤ
英名: Fuchsia, Lady’s-eardrop

花の名前の由来
属名の学名「Fuchsia(フクシア)」は、ドイツの植物学者レオンハルト・フックス(Leonhart Fuchs / 1501~1566)の名前にちなみます。

日本では花の姿を釣りのウキに見立てて「釣浮草(ツリウキソウ)」の別名もあります。

また、垂れ下がったイヤリングのような花の形から英語では「Lady’s-eardrop(女性の耳飾り)」とも呼ばれます。

旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~7月
花言葉(全般): 「つつましい愛」「信じる愛」


福寿草、Amur adonis
フクジュソウ | 詳細 →
科・属名: キンポウゲ科フクジュソウ属
学名: Adonis ramosa
和名: 福寿草(フクジュソウ)
別名: 元日草(ガンジツソウ)、朔日草(ツイタチソウ)
英名: Amur adonis

花の名前の由来
属名の学名「Adonis(アドニス)」は、ギリシア神話で猪に殺された美少年アドニスの名前に由来します。

和名の「福寿草(フクジュソウ)」は、幸福と長寿を意味し、新春を祝う花として名づけられました。

旬の季節: ~早春
開花時期: 1月~3月
花言葉(全般): 「幸せを招く」「永久の幸福」「悲しき思い出」


ブーゲンビリア、Bougainvillea
ブーゲンビリア | 詳細 →
科・属名: オシロイバナ科ブーゲンビリア属
学名: Bougainvillea spp.
和名: 筏葛(イカダカズラ)
別名: ブーゲンビリア、九重葛(ココノエカズラ)
英名: Bougainvillea

花の名前の由来
属名の学名「Bougainvillea(ブーゲンビリア)」は、1768年にブラジルでこの植物を発見したフランス人探検家ブーガンヴィル(1729~1811)の名前にちなみます。

旬の季節: 
開花時期: 5月~10月
花言葉(全般): 「情熱」「あなたは魅力に満ちている」「あなたしか見えない」


藤、Wisteria
フジ | 詳細 →
科・属名: マメ科フジ属
学名: Wisteria floribunda
和名: 藤(フジ)
別名: 野田藤(ノダフジ)
英名: Japanese wisteria

花の名前の由来
属名の学名「Wisteria(ウィステリア)」は、米国の解剖学者カスパール・ウィスター(Caspar Wistar / 1761~1818)の名にちなみます。

和名の「藤(フジ)」は、「吹き散る」の転訛など、その語源には諸説あります。

別名の「野田藤(ノダフジ)」は、フジの名所である大阪市福島区野田の地名からとったものです。

旬の季節: 
開花時期: 4月~5月
花言葉(全般): 「優しさ」「歓迎」「決して離れない」「恋に酔う」


フジバカマ、Thoroughwort
フジバカマ | 詳細 →
科・属名: キク科ヒヨドリバナ属
学名: Eupatorium japonicum
和名: 藤袴(フジバカマ)
英名: Thoroughwort, Boneset

花の名前の由来
和名の「藤袴(フジバカマ)」は、藤色の花を咲かせ、花の形が袴(はかま)に似ていることに由来します。

旬の季節: ~秋
開花時期: 8月~11月
花言葉(全般): 「ためらい」「遅れ」


ブバルディア、Bouvardia
ブバルディア | 詳細 →
科・属名: アカネ科ブバルディア属
学名: Bouvardia hybrida
和名: ブバルディア
別名: ブバリア、蟹の目(カニノメ)、寒丁字(カンチョウジ)
英名: Bouvardia

花の名前の由来
属名の学名「Bouvardia(ブバルディア)」は、ルイ13世の侍医でありパリ植物園の園長でもあったシャルル・ブバール(Charles Bouvard / 1572~1658)の名にちなみます。

つぼみの状態がカニの目に似ていることから「蟹の目」の別名もあります。

旬の季節: ~冬
開花時期: 10月~12月
花言葉(全般): 「交流」「親交」「情熱」


フヨウ、Cotton rose
フヨウ | 詳細 →
科・属名: アオイ科フヨウ属
学名: Hibiscus mutabilis
和名: 芙蓉(フヨウ)
別名: 木芙蓉(モクフヨウ)
英名: Cotton rose, Confederate rose

花の名前の由来
学名の種小名「mutabilis(ムタビリス)」には変化しやすいという意味があり、花色が朝方のピンクから夕方には紅色に変わることに由来するといわれます。

「芙蓉(フヨウ)」はハスの美称でもあり、とくに区別する際にはフヨウを「木芙蓉(モクフヨウ)」、ハスを「水芙蓉(スイフヨウ)」といいます。

旬の季節: ~秋
開花時期: 7月~10月
花言葉(全般): 「繊細な美」「しとやかな恋人」


ブライダルベール、Dotted bridal veil
ブライダルベール | 詳細 →
科・属名: ツユクサ科ギバシス属
学名: Gibasis pellucida
和名: ブライダルベール
別名: ギバシス・ペルシダ
英名: Dotted bridal veil, Tahitian bridal veil

花の名前の由来
属名の学名「Gibasis(ギバシス)」は、ラテン語の「gibber(こぶ)」を語源とし、この属の植物の萼(がく)の基部にこぶのような突起があることにちなむといわれます。

ブライダルベールの花名は、白いベールをまとった花嫁のような純白の花を咲かせることに由来するといわれます。

英語では「Dotted bridal veil」や「Tahitian bridal veil(タヒチ島のブライダルベール)」と呼ばれます(実際にはタヒチ島の原産ではなくメキシコ原産です)。

旬の季節: 、秋
開花時期: 4月~10月
花言葉(全般): 「幸福」「願い続ける」


プラタナス、Sycamore
プラタナス | 詳細 →
科・属名: スズカケノキ科スズカケノキ属
学名: Platanus orientalis
和名: 鈴懸の木、篠懸の木(ともにスズカケノキ)
別名: プラタナス
英名: Sycamore, Plane, Plane tree

花の名前の由来
属名の学名「Platanus(プラタナス)」は、ギリシア語の「platys(広い)」を語源とし、葉の幅の広いことや枝が広がることに由来するといわれます。

和名の「篠懸の木(スズカケノキ)」は、プラタナスの実が山伏の着る篠懸衣(すずかけごろも)についている球状の飾りに似ていることに由来します。また、プラタナスの実が鈴のようにかかっていることから「鈴懸の木(スズカケノキ)」とも書かれます。

英語では「Plane」「Plane tree」と呼ばれますが、アメリカでは「Sycamore(シカモア)」が一般的です。

旬の季節: 
開花時期: 4月
花言葉(全般): 「天才」「好奇心」


フリージア、Freesia
フリージア | 詳細 →
科・属名: アヤメ科フリージア属
学名: Freesia refracta
和名: 浅黄水仙(アサギスイセン)
別名: フリージア、香雪蘭(コウセツラン)
英名: Freesia

花の名前の由来
属名の学名「Freesia(フリージア)」は、原産地の南アフリカでこの植物を発見したデンマークの植物学者エクロン(1795~1868)が、親友のドイツ人医師フレーゼ(Freese)に献名したといわれます。

和名の「浅黄水仙(アサギスイセン)」は、日本に最初に渡来したものが淡黄色の品種だったために名づけられましたが、現在は使われていません。

旬の季節: 
開花時期: 3月~4月
花言葉(全般): 「あどけなさ」「純潔」「親愛の情」


プリムラ、Primrose
プリムラ | 詳細 →
科・属名: サクラソウ科サクラソウ属
学名: Primula spp.
和名: プリムラ
英名: Primrose

花の名前の由来
プリムラと呼ばれる花はとても種類が多く、一般にサクラソウ属(Primula)の花の総称として使われています。

属名の学名「Primula(プリムラ)」は、ラテン語の「primos(最初の)」を語源とし、早春に他に先駆けて咲くことにちなみます。

英名の「Primrose(プリムローズ)」は、「最初のバラ」という意味で、バラの花のように美しいことをあらわしています。

旬の季節: ~春
開花時期: 12月~5月
花言葉(全般): 「青春のはじまりと悲しみ」「青春の恋」


ブルースター、Tweedia
ブルースター | 詳細 →
科・属名: キョウチクトウ科ルリトウワタ属
学名: Oxypetalum coeruleum
和名: 瑠璃唐綿(ルリトウワタ)
別名: ブルースター、オキシペタラム、トゥイーディア
英名: Tweedia, Southern star

花の名前の由来
花名のブルースターは、5枚の花びらが青い星のように見えることにちなみます。

ブルースターは園芸上の呼名であり、正式な和名は「瑠璃唐綿(ルリトウワタ)」です。

英語でもブルースターと呼ぶことは稀で、一般に「Tweedia(トゥイーディア)」と呼ばれます。

旬の季節: 
開花時期: 5月~9月
花言葉(全般): 「幸福な愛」「信じあう心」


ブルーデイジー、Blue daisy
ブルーデイジー | 詳細 →
科・属名: キク科ルリヒナギク属
学名: Felicia amelloides
和名: 瑠璃雛菊(ルリヒナギク)
別名: ブルーデージー
英名: Blue daisy, Blue marguerite

花の名前の由来
属名の学名「Felicia(フェリシア)」は、ラテン語の「felix(恵まれている)」が語源で、花の形や花数が多いことに由来するともいわれます。

英語では「Blue daisy(ブルーデイジー)」や「Blue marguerite(ブルーマーガレット)」と呼ばれますが、本種はデイジー(ヒナギク属)やマーガレット(モクシュンギク属)とは違うルリヒナギク属の植物です。

旬の季節: 、冬
開花時期: 3月~5月、10月~12月
花言葉(全般): 「恵まれている」「幸福」「協力」


ブルーベリー、Blueberry
ブルーベリー | 詳細 →
科・属名: ツツジ科スノキ属
学名: Vaccinium spp.
和名: ブルーベリー
別名: 沼酸塊(ヌマスグリ)、沼酢の木(ヌマスノキ)
英名: Blueberry

花の名前の由来
英語で「berry(ベリー)」は、「核のない果肉の柔らかな食用小果実」という意味があり、「Blueberry(ブルーベリー)」は食用の青い小果実を表わします。

ちなみに、イチゴの「Strawberry(ストロベリー)」は「straw(ワラ)のberry(ベリー)」という意味ですが、その由来は諸説あり、「麦わらをしいて育てた」「麦わらに包まれて売られていた」などといわれます。

旬の季節: 
開花時期: 4月~5月(実は7月~8月)
花言葉(全般): 「実りのある人生」「知性」


ブルーベル、Bluebell
ブルーベル | 詳細 →
科・属名: キジカクシ科ヒヤシントイデス属
学名: Hyacinthoides non-scripta
和名: イングリッシュブルーベル
別名: ブルーベル
英名: Bluebell, English bluebell

花の名前の由来
学名の属名「Hyacinthoides(ヒヤシントイデス)」は、ギリシア語の「Hyacinthus(ヒヤシンス属)」と「oides(似た)」を語源とし、同じキジカクシ科のヒヤシンスに似ていることにちなみます。

英語では青い釣り鐘形の花姿から「Bluebell(青い鐘)」や「English bluebell(イングランドの青い鐘)」と呼ばれています。

旬の季節: 
開花時期: 4月~5月
花言葉(全般): 「謙遜」「変わらぬ心」


プルメリア、Plumeria
プルメリア | 詳細 →
科・属名: キョウチクトウ科インドソケイ属
学名: Plumeria rubra
和名: インド素馨(インドソケイ)
別名: プルメリア
英名: Plumeria, Frangipani, Temple tree

花の名前の由来
属名の学名「Plumeria(プルメリア)」は、フランスの植物学者で中米、南米に赴き、アメリカ大陸の植物を研究したシャルル・プリュミエ(Charles Plumier / 1646~1704)の名前にちなんでつけられました。

英語では別名「Temple tree(寺院の木)」とも呼ばれますが、プルメリアが熱帯地域の寺院に多く植えられていることに由来します。

旬の季節: 
開花時期: 6月~10月
花言葉(全般): 「気品」「恵まれた人」「日だまり」「内気な乙女」


フロックス
フロックス | 詳細 →
科・属名: ハナシノブ科フロックス属
学名: Phlox spp.
和名: フロックス
英名: Phlox

花の名前の由来
属名の学名「Phlox(フロックス)」は、ギリシア語の「phlogos(火炎)」が語源となり、その花色に由来するといわれます。

フロックス属のクサキョウチクトウは英語で「Summer phlox(夏のフロックス)」、キキョウナデシコは「Annual phlox(一年草のフロックス)」などと呼ばれます。

旬の季節: (種によって異なる)
開花時期: 3月~11月(種によって異なる)
花言葉(全般): 「合意」「一致」


花の名前から探す

そ.
ぬ.
め.
    よ.





 

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花9月の花 / 10月の花 ) ・各月の誕生花9月の誕生花 / 10月の誕生花 ) ・人気の花( アジサイ / バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ