エニシダの花言葉


エニシダ、Broomphoto: Rudolf Schäfer

★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花3月の花 / 4月の花 ) ・各月の誕生花3月の誕生花 / 4月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

金雀枝 Broom

春~初夏の花。花色は黄、赤、ピンク、白、オレンジなど。

エニシダ全般の花言葉

「謙遜」「卑下」「清潔」

※由来、誕生花、西洋の花言葉(英語)などもあります。


 

花名・花言葉の由来

花名の由来

花名のエニシダは、ローマ時代の名前である「genista(ゲニスタ)」が語源であるともいわれます。

英語ではエニシダを「Broom(ホウキ)」と呼びますが、この木の枝でホウキをつくったことにちなみます。魔女が空を飛ぶホウキもエニシダの枝でできているといわれます。

花言葉の由来

花言葉の「謙遜」「卑下」は、兄を暗殺して王位を奪ったという伝説(以下参照)に由来するといわれます。また「清潔」の花言葉はホウキにちなみます。

 

エニシダ誕生花

3月12日3月30日4月14日

 

エニシダの言い伝え

フランスのある王子が兄である王を暗殺して王位を奪い取りました。しかし、その罪を悔いた彼はついに城を捨て、巡礼に出ました。彼はエニシダの小枝を手にして毎晩懺悔をくり返したといわれます。

 

エニシダの種類

ホオベニエニシダ(頬紅金雀枝)

ヨーロッパ原産。5月~6月ごろに花を咲かせます。両翼弁に大きな赤いぼかしが入ることから、それをホオベニに見立てて名づけられました。別名はアカバナエニシダ。

シロバナエニシダ(白花金雀枝)

ヨーロッパ原産。5月~6月ごろに白い花を咲かせます。

ヒメエニシダ(姫金雀枝)

地中海沿岸原産。4月~6月ごろに小振りの黄色い花を咲かせます。ヒメエニシダは鉢花として多く出回っています。

 

西洋の花言葉(英語)

≪Language of flowers≫ 西洋の花言葉一覧

Broom(エニシダ全般)

「humility(謙遜、卑下)」「neatness(清潔)」

 

エニシダの季節・開花時期

旬の季節: 初夏
開花時期: 4月~6月

 

名称・原産地

科・属名: マメ科エニシダ属
学名: Cytisus scoparius
和名: 金雀枝(エニシダ)
英名: Broom, Scotch broom
原産地: 地中海沿岸




 

他のマメ科の花(種類・画像)

オジギソウ、Sensitive plant
オジギソウ | 詳細 →
花言葉(全般): 「繊細な感情」「感受性」「敏感」
科・属名: マメ科オジギソウ属


クローバー、Clover
クローバー | 詳細 →
花言葉(全般): 「私を思って」「幸運」「約束」「復讐」
科・属名: マメ科シャジクソウ属(トリフォリウム属)


スイートピー、Sweet pea
スイートピー | 詳細 →
花言葉(全般): 「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」
科・属名: マメ科レンリソウ属


ネムノキ、Silk tree
ネムノキ | 詳細 →
花言葉(全般): 「歓喜」「胸のときめき」
科・属名: マメ科ネムノキ属


萩、Bush clover
ハギ | 詳細 →
花言葉(全般): 「思案」「内気」「柔軟な精神」
科・属名: マメ科ハギ属


ハナズオウ、Chinese redbud
ハナズオウ | 詳細 →
花言葉(全般): 「裏切り」「不信仰」
科・属名: マメ科ハナズオウ属


藤、Wisteria
フジ | 詳細 →
花言葉(全般): 「優しさ」「歓迎」「決して離れない」「恋に酔う」
科・属名: マメ科フジ属


ミモザ、Mimosa
ミモザアカシア | 詳細 →
花言葉(全般): 「秘密の恋」「友情」
科・属名: マメ科アカシア属


ルピナス、Lupine
ルピナス | 詳細 →
花言葉(全般): 「想像力」「いつも幸せ」「貪欲」「あなたは私の安らぎ」
科・属名: マメ科ルピナス属


レンゲソウ、Chinese milk vetch
レンゲソウ | 詳細 →
花言葉(全般): 「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」「心がやわらぐ」
科・属名: マメ科ゲンゲ属



 
★ 「花言葉-由来」の人気ページ

花言葉一覧 ・逆引き花言葉 ・テーマ別花言葉( 感謝 / 怖い / 恋愛 ) ・各月の花3月の花 / 4月の花 ) ・各月の誕生花3月の誕生花 / 4月の誕生花 ) ・人気の花( バラ / チューリップ / ラン / アネモネ / カーネーション / ガーベラ

植物エニシダの詳細: Wikipedia